ホーム > 前歯が1本だけ黒い…白くできますか

前歯が1本だけ黒い…白くできますか

前歯が1本だけが黒くて気になる…。

むし歯の治療や前歯をぶつける怪我などで、歯が黒く変色してしまった…。

特に前歯が1本だけ黒いと気になってしまいます。

なんとかならないかな?とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

1本の歯だけが黒く変色してしまうのはなぜでしょうか?

歯は非常に硬い組織で出来ていますが、歯の中には歯髄、いわゆる歯の神経が入っていますこの歯髄の中は毛細血管が張り巡らされており、歯の根の先から栄養を供給してもらっているわけです。

ところが、怪我やむし歯でこの神経が最近感染を起こしたり問題がおきると、歯髄は充血しやがて死んでしまいます。

すると、血液中の鉄分などが歯の神経から表面にのびる細い管に詰まって残ってしまうのです。この鉄分が、歯を黒くする原因となります。

黒くなってしまった歯をきれいにするにはいくつかの方法があります。

差し歯を作ったり、歯の表面だけをプラスチックやセラミックを使って覆ったり。あるいは、ウォーキングブリーチと呼ばれる1本だけのホワイトニングをすることもできます。

それぞれ一長一短あるわけですが、自分の歯のカタチや模様を残したまま白くできる、「ウォーキングブリーチ」もなかなかです。

通常のホワイトニングは、歯の表面から薬液を歯に浸透させて、歯の内側に入り込んだ着色を取り除いていきます。みなさんご存知のように歯は体の中で最も堅い部分ですので、なかなか薬液が浸透していきません。わずかな目に見えない隙間から薬液を効かせていくので、思った効果を出すには時間がかかります。

これに対し、ウォーキングブリーチでは歯の内側に薬液を置いて歯を白くしていきます。歯の表面は堅い構造をしていますが、内側は比較的隙間も大きく柔らかい構造をしています。

そのため、ホワイトニングに比べると短期間で効果を実感しやすい、というメリットがあるのです。

但し、ウォーキングブリーチは色が後戻りする可能性がありますし、神経のなくなった歯なので欠けやすいというリスクもあります。

その点では白い被せものや、ラミネートべニアとよばれる部分的な被せものに大きなメリットがあります。セラミックで歯を作った場合、色はほぼ変わることがないですし、きれいに作ることもできます。

歯の状態などによってはブリーチができる・できない、もあります。

ご自身にあった治療法を選択できるといいですね。

歯の色でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!!